会社情報

商品のご紹介

大型紙袋(重包装)

クラフトのみからポリやラミ入り、糊貼りからミシン縫いなど様々取り揃えております。

コンテナバッグ

運搬、保管などその用途は様々です。

宅配袋

運搬に最適な袋をご紹介いたします。

ショッピングバッグ

お店の紙袋からエコバッグまでその用途は様々です。

その他

封筒や団扇など各種販促物のご紹介です。

会社概要

名 称 鯨岡産業株式会社
設 立 1930(昭和5年)8月8日
本社所在地 東京都江東区亀戸1-16-8map
TEL.03-3637-1321(代表)
FAX.03-3684-4777
http://www.kujiraokasangyo.co.jp
鯨岡産業(株) 栃木工場 栃木県下都賀郡野木町大字野木2425map
TEL.0280-57-2911(代表)
FAX.0280-57-2912
鯨岡倉庫(株) 〒323-0808 栃木県小山市出井1167-5 map
TEL.0285-30-2501 
FAX.0285-30-1044
鯨岡不動産(株) 東京都江東区亀戸1-16-8map
TEL.03-3637-1321(代表)
FAX.03-3684-4777
役員 【代表取締役社長】
鯨岡俊司

【取締役副社長】
鯨岡洋子

【取締役】
福田正春
前原秋夫
江上通明
浅利英二

【監査役】
林 忍
資本金 8,000万円
従業員 50名
事業の内容 産業用大型紙袋の製造、販売、コンテナバッグ、ショッピングバッグ、ポリ重袋 段ボール、宅配袋、各種封筒及び包装機器その他 各種商品の販売、包装資材全般、倉庫業、 運送業、不動産賃貸
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 錦糸町支店
三井住友銀行 錦糸町支店
商工中金 深川支店
東京ベイ信用金庫 本店
加盟団体 全国クラフト紙袋工業組合 
江東東法人会
栃木工場

会社沿革

1930年 8月 会社設立、称号を鯨岡大型紙袋株式会社と呼称。東京都江東区亀戸1-27番地に工場を建設、製袋事業を開始
1936年 8月 江東区北砂町に砂町工場建設
1937年 6月 茨城県守谷町に茨城工場建設
1945年 3月 亀戸、砂町両工場戦災により焼失
1945年 9月 茨城工場で製袋事業再開
1947年 6月 亀戸にて東京工場再開
1962年11月 栃木県小山市に栃木工場を建設
1968年 3月 東京工場での生産を中止し、栃木工場で集中生産体制をとる
1968年 9月  東京工場にて、貸倉庫業及び不動産賃貸事業を開始
1968年11月 社名を、鯨岡産業株式会社に変更
1975年12月  関東海運局長より倉庫業の許可を受ける
(関運倉第436号第172号)
1982年 4月   6B-2型ボトマー自動糊貼機設置
1984年 2月  倉庫部門を鯨岡倉庫株式会社として栃木に登記
1985年 3月 常温並びに定温倉庫を建設
1988年 9月  ボトマー合理化コンベアラインシステム増設
1989年 9月  事務所、休憩室、会議室等の建設
1996年 4月  履物の包装袋特許公開(特開平8-85583)
1997年 4月  自動充填機設置
1997年12月 ロボットパレタイザーを導入設置
1998年10月 小山北物流センターを開設
2000年 8月 市原営業所を開設
2001年 5月 自動給袋機106BSS片底ボトマーを導入設置
2001年 8月 ISO9001:2000登録 (栃木工場)
2004年 5月 13RZ水性印刷機を導入設置
2005年 6月 ロボットパレタイザー2台目導入設置
2005年 6月 3CM−5G型自動詰め替え機を導入設置
2009年 2月 ISO9001:2008更新(栃木工場)
2011年 4月 栃木工場を、栃木県下都賀郡野木町へ移転
2011年 4月 鯨岡倉庫(株)を小山北物流センターへ集約
2011年 9月 ISO9001:2008「変更+更新」審査認可(栃木工場)